高松研修

 20150916_132155

本日は月に一度の高松研修で実際に建っている現場にて勉強会を行っています。

さて、今回は何をするのでしょうか?

20150916_133416

はい!今回は『気密測定』を行います。

そもそも、なぜ住宅に気密が必要なのか。皆さんご存知ですか?

ではでは、突然ですが皆さんに質問です!

真冬の風の強い日にセーターとジャンバーを着て外に出ます。

その時、ジャンバーのチャックを閉めないでいるとどうでしょう?

風が当たって寒いですよね?これを住宅でも考えてみて下さい。

ここでいう、『セーター』は住宅で考えると『断熱材』です。

そして、『ジャンバー』は…そう。『気密』なのです。

いくら暖かいセーター(断熱材)を着ててもチャックを

閉めないと(気密を取らないと)風が当たって寒くなってしまうのです。

最近よく耳にする『高気密高断熱』。

断熱も重要ですが気密もすごく大切だということ、

お分かりになりましたでしょうか?

ちなみに、我々低燃費住宅はこの気密測定で

規定の数値を出さないと次の工事に

進むことが出来ないルールになっています。

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る